So-net無料ブログ作成

穢れた 「 血 」

今年の冬はいつもの ” 雪国 ” とは違い、積雪は少ないものの、日々の寒さと肌を刺すような冷たい風が身に
沁みる越後の冬で御座います。
一日の平均気温が低く、太陽も顔を出す事を忘れたかの如く、常にどんよりとした曇り空。
春まではまだまだ遠い、あと一カ月くらいは我慢かな?



今回は以前に紹介をしました自家産Ⅰについてガッツリ触れてみたいと思います。

本来であれば過去の画像から自家産Ⅰのルーツとなった個体の画を全て探し出し、その中から何枚かをお見せ出来れば良いのですが、以前に使用していた PC が心を閉ざし画像を抜く事が儘ならず・・・
閉ざしたPC から画像データを落とすには ¥$$$$$ も掛かるとの事で、こんぴゅ~た~ に疎い私は仕方が無いので今回は「 文字だらけのネタで行こう ♪ 」と思いもしましたが、「[ひらめき] あっ液晶をパチリッ!と撮っちゃえ~」 と昭和の小学生バリな名案を思い付き?2枚目と最下画像に差し込みました。

マツーリア♂.JPG
上画像中央の個体が自家産Ⅰの ♂ 親となった3/4ワットレーです。
この個体は ♂ セルーリア × ♀ 1/2ワットレー の掛け合わせによって得られた別名  ” マツーリア ”

実はこのマツーリアは大人の事情?が産んだ必然?の産物でした。
確か2008年くらいだったかな? 当時、私が通っていた( 今も ) SHOP に少し捻ていて小さめでしたが、蒼の深みが非常に強い ♂ のセルーリアが Pr 水槽で泳いでいました。
毎週の様に通っていた私はそのセルーリアが無性に欲しくなり、店主に $ を訪ねましたが、なかなか ¥ を提示してはくれず、粘った挙句に ¥ の代わりに提示された条件 が!
 「 この♀ とブリィーディングをして※cmサイズを ※0匹持ってきてくれたら! 」っと
私はこの条件を承諾し、喜び勇んでセルーリアを譲り受けました。
早速、実行に移すも 「な・る・ほ・ど!! 」 と言わんばかりの難解振り。
放精する水質の幅が狭く且つ、育児を行う水質の幅が更に狭い、是ぞ ” Vintage Blue ” でした。
そしてその時の掛け合わせに使用した ♀ の1/2ワットレーとは県内の方が長いストロークであまり世代を重ねずに維持繁殖され、そして別の方が育成をされてSHOPへと戻って来ていた ” ルビーターコイズ ” そう、今でも語り継がれているマツカワヤのそれでした。
但し、この個体もまた相当に捻た小さな成魚?でして代名詞であったデコッパチも確認は出来ませんでした。
この ” マツカワヤ ” の文字を出すと兎角と色々に物議を醸し出しますので敢て伏せて来ましたが、これが事実である事に偽りは有りません。
「 何でド田舎なんかにマツカワヤの純系が残っていたんだよ!」
と多数の方が思うかもしれませんが、私が通っている SHOP はマツカワヤの 「 ヤ 」の文字を付けての個体販売を生前の阿部さんから許された数少ないSHOPでして、レッドスポットディスカスのブーム到来と共に灯火が消えた蒼系ディスカスを細く、そして長く継続をされていたからこそ、その ” 血 ” を呼び戻す事が出来た訳です。
私が実際にお会いするチャンスは有りませんでしたが、SHOP の方へも阿部氏が何度か遊びに?来られていた昔話を今でも年に一度は店主から聞かされます。
       ※ この昔話は昔を知っている方には堪らない、当時の「 ディスカス業界の真実!」も聞けるので一度
         聞いた話も黙って聞くべし!
余談にはなりますが、その昔、今ではネイチャーアクアリウムで世界的に有名な巨匠のお店でも ” ヤ ” の付く「 蒼の群泳 」を見る事が出来ました。

   -  んっ話が大分と脱線してきたぞ! -

っと言う事で話を元に戻し、実はその「 大人の事情 」を遂行前に同じ掛け合わせで店主が2腹ブリーディングをされ、その中で僅かに残った数個体( 確か1.5cm程度に育った11匹だったかな?)を私が譲り受け、その育成を任されたのですが見事に失敗( ☆にした訳では有りません )し、今度は逆に3腹目のブリーディングと100円玉サイズまでの育成を「 大人の事情 」 として私に託されました。
その時にメールで店主への現状報告をするために考えた仮称が ” マツーリア ” 本来であれば♂ がセルーリアですので、” セルカワヤ ” と仮称しようとも思ったのですが、前者の仮称が呼びやすかった為に ♀ × ♂ として呼んでみたのがこの名の由来。
マツーリア 1.JPG
( 上画像は自家産Ⅰで使用した ♂ 親と同腹の兄弟魚、液晶画をパチリッ!です )

そして「 大人の事情 」を Clear ( 正確には-12匹だったかな?) し、店主が育成した個体を再び借入れて私が
自家産Ⅰの ♂ として迎え、♀のロートターキスと組み合わせました。
では何故にこの様な蛇道な掛け合わせをしたのか?
本当の理由を言いますと、ロートターキスの設計図?には問題が有るとの話を聞き、実際に調べてみようと思ったのがこの組み合わせの本来の目的。
素性の分る ♂ を使えば、それによって得られた仔の中に? な個体が見られたならば、それは♀ 親によるものと断定できるからでありましたが、この自家産Ⅰ或いは他の方がロートターキスを用いてブリーディングされている個体を見てもその気配は感じられませんでしたので、やはり問題は無いのかと・・・

そんなこんな( どんな?)で生まれた自家産Ⅰもそろそろ途絶えそうな時期に来ましたので、現在では残す努力をしなければならない刻を迎えた様です。


自家産育成.JPG
前書がす~んごく長くなりましたが、この画像が育成時の( 全ての個体が、では有りません )自家産Ⅰで、敢て
蒼味の少ないロートターキス偏りな個体+( 2 )。


自家産Ⅰ    ピオ似.JPG
自家産Ⅰの中でも特にロートターキスの表現に近づいた個体。


自家産Ⅰ    集合.JPG
この画像も他種混合で中下段の個体が自家産Ⅰで、左下と右下見切れを合わせた2個体が 「 +( 2 )」。


自家産Ⅰ 蒼系♂.JPG
+( 2 ) とは残した中でも蒼系寄りな表現をした2個体の事で、上画像がその内の♂ で、現在は鰓の治療中の為に撮影が出来ず。


自家産Ⅰ    蒼系♀.JPG
こちらは+( 2 )のもう一方の♀ 個体で、現在は毎週の様にグアリバと昇っています。


マツーリア 2.JPG
折角の貴重な「 血 」もダミープロトとして使ってしまえば、それはただの雑種でしか成らず、その血筋を語る事すら禁じられるこの世界。

ですが今、昭和の小学生は思うのです。
閉ざされた PC画像の様に、この 穢れた 「 血 」 から” ” を抜き採る?為の名案は・・・   と。





nice!(0)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。