So-net無料ブログ作成
検索選択

TYPE 9‘

先週に紹介しましたグルザード♂ × ロートターキス♀ のクロスブリーディングが順調に育成段階まで辿りつけば
自身の自家産ヘッケルクロス " TYPE8 " と成る。
そしてなかなか結果を出させてはくれないあのPr は一体 TYPE? に成るのやら・・・


2014.1.25  TYPE3♂.JPG
花盛りも遠に過ぎ生後4年余りが経過した現在では、次世代へと " 夢 " を託す事のみが彼の使命である現在の自家産ヘッケルクロスTYPE3 ♂ 。
育成時には40~50匹程度が居た同腹個体も何処へ行ったのやら? 今ではこの♂個体のみで文字通り一粒種と成ってしまいました。
最終的にはこの♂ を含んで ♂ × 2 、 ♀ × 1 を残してはいたのですが、他の2個体は昨年に失い、今思えばもう数個体を残して置くべきだったと少しばかり後悔。

2014.01.25  辺クロス L.JPG
そしてこちら、なかなかの ” 曲者 ” である名古屋産のヘッケルクロス。
昨年に購入をし、初めの3ヶ月では水に慣らす事と体力を付ける事に重点を置き、私の所では珍しく100Lで1匹飼いと言う ” 超 ” が付く程のVIP 待遇。
2014.01.25   辺クロス R.JPG
100Lを奢ったのには他にも理由が有り、恐らくはTYPE3 とほぼ同じ位の年齢であろうこの個体。
であるならば、もう老魚の部類に当てはまる訳でして、加えて他より神経質な面を持ち合わせているこの個体はどちらへ転ぶも常に紙一重的な感じを受け、初めの数ヶ月間は私がピリピリ、ハラハラでした。
ただ今も言える事は他の個体との混泳には向かない ( 私の力量では ) と感じるのが正直なところです。

2014.01.25 TYPE9 Pr 1.JPG
昨年の10月からブリーディングに向け私なりの " 努力 " を試みてはいるものの一向に結果が出せず、一体何が足りなくて或いは何が余分なのかが全く見当がつかず、もしかするとこの個体は ♂ ・・・? 等と自分に都合良く思ってみたりして・・・    ナイナイ!!
そして名古屋産のこの個体を見ながらふと思う・・・  「 これって俺が描く完成系じゃぁ~??? 」 
但し、創る喜びと苦労を味わう事が出来なければ自分の掲げた目標に対して達成感が得られず、私としては趣味として楽しめていないのも事実。
2014.01.25 TYPE9 Pr 2.JPG
時間が掛かっても良い、他人から見れば「 無駄な事を・・・」 と思われても良い、ただ只管に自己満足を得るためだけに自身のエネルギーを未知なる可能性に注ぎ込む。
なぁ~んて言いながらもここまで1Pr のブリーディングに時間を費やした事は初めてでして、内心では先を読み切れない不安からサジを思いっ切り床へ投げ付けてやりたい気持ち・・・    っの4ヶ月でした。
んがっ・・・  終に!



























































TYPE9`.JPG
    
       ・・・つづく

次週予告!
        「 どうなる2つのCross 」 結果は私もまだ解りません。


nice!(0)  コメント(2)